大井川水系

大井川,大津谷川,伊太谷川,尾川,大代川,新掘川,清水川,童子沢川,相賀谷川,伊久美川,大久保川,福用川,白光川,身成川,家山川,切山川,笹間川,川根境川,下泉河内川,中津川,川根長尾川,水川川,榛原川,小長井河内川,寸又川,横沢川,栗代川,大間川,湯沢,奥湯沢,平野沢,関の沢川,井川西山沢川,東河内川,明神川,赤石沢川,井川聖沢川,奥西河内川,西俣川

TOP治水・利水 > 過去の水害

過去の水害

大井川では古文書の記録で確認されるものでも藩政時代から幾度となく大規模な洪水被害に見舞われています。
また、概ね大宝令時代までには現在の流路をとっていましたが、出水のたびに旧流路にも洪水は流れ込み、大井川平野は明治末期まで洪水常襲地帯でした。
急峻な地形と流域形状から洪水流量は短時間の強い雨によって支配される傾向にあり、過去の出水は降雨の集中度の大きい台風を原因とするものが多くみられます。

近年の主要洪水の概要

昭和54年10月台風20号出水(10月19日)

10月6日にトラック島の南東海上で台風第20号が発生しました。井川観測所では日降水量358mmを観測し、静岡県全県下で被害を受けました。
床上浸水7戸、床下浸水10戸、流失畑0.2ヘクタール、冠水畑13ヘクタール、決壊堤防13個所、橋梁1個所、崖崩5個所の被害がありました。

千頭地区の写真千頭地区

本川根中学校付近の工場の写真本川根中学校付近の工場

 

昭和57年8月台風10 号出水(8月3日)

7月24日に日本の南東海上で台風第10号が発生しました。静岡県中部を中心に全県下に被害があり、島田市の被害は全壊3 戸、半壊4戸、床上浸水416戸、床下浸水975戸などでした。
金谷町では行方不明1人、負傷者1人、床上浸水273戸、床下浸水1,081戸でした。
山間部を中心に日雨量400mm程度の降雨を記録しました。静岡市山間部では橋などが流失し、道路が寸断、数日間にわたり井川地区が孤立する被害がありました。

高郷地区の写真高郷地区

支川川根長尾川合流点付の写真支川川根長尾川合流点付

 

平成3年9月台風18号・秋雨前線出水(9月19日)

9月19日に台風18号が静岡県全域に大雨を降らせ、水窪町では時間雨量88mmを記録しました。
本川根町では建設中の長島ダムの「仮締切」が半壊した他、NTTのケーブルの切断により、市外通話が不能になりました。床上浸水52戸、床下浸水18戸の被害となりました。

千頭地区の写真千頭地区

桑野山地区の写真桑野山地区

 

平成12年9月12日洪水(台風、秋雨前線)

東海地方に東西に伸びた前線が停滞し、この前線に向かって台風14号からの大量の湿った空気が流れ込んだため、大井川流域中上流域を中心に大雨となり、井川観測所では500mmを越える雨量を記録しました。

島田市大柳右岸8.8k付近の写真島田市大柳右岸8.8km付近