坂口谷川水系

坂口谷川

TOP川の紹介 > 基本情報

基本情報

水系名

坂口谷川水系(さぐちやがわすいけい)

河川ごとの紹介

坂口谷川(さぐちやがわ)
[延長]10,570m
[起点]静岡県榛原郡榛原町坂口字大沢1762番の37地先の東海道新幹線橋(静岡県牧之原市坂口字大沢1762番の37地先の東海道新幹線橋)
[終点]海に至る

河川及び流域の概要

坂口谷川は、大井川河口から御前崎までの榛南地域と呼ばれる地域に位置する河川で、その源は静岡県牧之原市赤坂地先赤坂池に発し、牧之原市の東側丘陵地の間を蛇行しながら、9つの準用河川と合流して流下し、駿河湾に注ぐ、流域面積約21.7km2、幹川流路延長約10.6kmの二級河川である。
流域の地形は上流の大部分は丘陵や山地に覆われている。また、中流部は扇状地からなる低地が、下流部は三角洲が発達した低地が広がっている。
坂口谷川の河床勾配は、上流部は1/40~1/65程度、中流は1/120~1/250程度、下流部は1/1000程度となっている。また、上・中流部は概ね掘込河道、下流部は築堤河道となっている。
流域の表層地層は、上流部は泥層、礫層、中流部は泥質堆積物、下流部は砂質堆積物により形成されている。
現況の土地利用は、宅地が約32%であり、水田が約18%、畑・原野が約20%、山地が約30%となっているが、今後の流域の開発や交通網の整備に伴い、市街化の進展が予想される。
流域の気候は、静岡県の大部分の地域と同様に極めて温暖で、夏季は高温多湿、冬季は温暖少雨の表日本式気候(太平洋型気候区)に属している。
近傍の静岡地方気象台における年平均気温は15.6℃、御前崎気象観測所における年平均気温は16.4℃と年間を通じて温暖な気候であり、平均年間降雨量については近傍の静谷観測所において1,967mmと、全国平均に比べて多い。
流域内の人口は若干であるが年々増加傾向であり、世帯数は昭和60年から平成22年にかけて約1.5倍となっており、核家族化が進展していることが伺える。牧之原市の年齢別の人口構成をみると、昭和60年から平成17年にかけて70歳以上の高齢者の割合が約1.9倍に増加し、9歳以下の子供の割合が0.65倍と減少しており、顕著に少子・高齢化の傾向が伺える。
産業については、坂口谷川流域の大部分を占める牧之原市は日本有数のお茶の産地であり、生産量は静岡県全体の約16%(平成20年度)となっている。また、吉田町のウナギの養殖生産量は、静岡県全体の約21%にあたり、主要な生産拠点となっている。
流域を含む静岡県中西部では、陸・海・空の交通ネットワークづくりが進められており、特に空の交通拠点として富士山静岡空港が平成21年に開港されるなど、新たな交流拠点となる地区であり、その地域特性により今後も市街化が予想される。
陸の交通網としては、東名高速自動車道のほか、国道150号が駿河湾沿いの海岸線を通り、さらに、国道150号から坂口谷川に沿って北へ延びる県道細江金谷線が、富士山静岡空港への重要なアクセス道路となっている。また、河口付近では国道150号バイパスを整備中である。
坂口谷川流域全体に渡り、16の文化財(県指定3、市指定13)が存在する。また、流域には坂口海渡と遺跡、前玉原遺跡、宮下遺跡、星久保遺跡、倉見原遺跡の5箇所の遺跡が存在する。

河川整備の基本となるべき事項

1.基本高水並びにその河道への配分に関する事項

基本高水のピーク流量は、既往の洪水や河川の規模、流域内の資産・人口等を踏まえ、県内の他河川とのバランスを考慮し、年超過確率1/50の規模の降雨による洪水を対象として、基準地点坂口谷川橋(2.175km)において250m3/sとし、これを河道へ配分する。

基本高水のピーク流量等一覧表
河川名 基準地点 基本高水のピーク流量(m3/s) 河道への配分流量(m3/s)
坂口谷川 坂口谷川橋 250 250

2.主要な地点における計画高水流量に関する事項

計画高水流量は、基準地点坂口谷川橋(2.175km)において、基本高水流量と同じ250m3/sとする。

 計画高水流量配分図

坂口谷川 計画高水流量配分図(出典:坂口谷川水系河川整備基本方針)

3.主要な地点における計画高水位及び計画横断形に係る川幅に関する事項

主要な地点における計画高水位と計画横断形に係る概ねの川幅は、以下のとおりとする。

主要な地点における計画高水位、川幅一覧表
河川名 地点名 河口からの距離(km) 計画高水位(T.P.m) 川幅(m)
坂口谷川 河口 0.0 +5.9※1
坂口谷川橋 2.175 +3.51 47

T.P.:東京湾中等潮位
※1:計画津波水位

4.主要な地点における流水の正常な機能を維持するための必要な流量に関する事項

坂口谷川水系全体における既得水利としては、農業用水として約240haのかんがいに利用されている。
流水の正常な機能を維持するため必要な流量に関しては、今後さらに、流況等の河川における状況の把握を行い、流水の占用、動植物の生息または生育地の状況、流水の清潔の保持、景観等の観点からの調査検討を踏まえて設定するものとする。

 坂口谷川水系流域概要図
(出典:坂口谷川水系河川整備基本方針)

坂口谷川水系流域概要図.pdf/315KB/